ハルカメのせかいへGO!!


10ヶ月間の世界一周旅行とその後。いろんな”せかい”へGO!!
by harukamera
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

せかいへGO!! web写真展 ヨーロッパ①

せかいへGO!! 世界一周web写真展
10カ月間の旅 +α = やっと一周。


旅のスタートはロシアから。

e0130754_22425640.jpg
@セルギエフ・パッサード、ロシア @Russia
2008.6
モスクワから日帰りショートトリップ。英語が基本
通じないロシアでは鉄道の切符を買うのも一苦労。
ロシア語で見よう見まねで行先を書いたメモを
見せると、券売所のおばちゃんが「○☆▲※◎…?」
…全く分からず。結局おばちゃんがメモに「⇔」と書いてくれ、
往復買うかどうか聞いてくれていたことがわかったのでした。
記号って偉大。そして辿り着いたのは、ロシア正教の
美しい教会のあるおとぎの国のような場所でした。


e0130754_22455477.jpg
@キジー島、ロシア     @Kizhi island, Russia
2008.6
モスクワから、人生初の寝台列車。向かいに座った
ロシア語onlyのおばちゃん姉妹にごはんをおすそ分け
してもらったりしながら14時間。さらに高速船で
1時間半飛ばし、オネガ湖にあるキジー島の木造教会を
見に来ました。釘を一切使わず、修復が必要とされるも
その方法がわからない困った建物。訪れた時には後ろから
”つっかえ棒”がされていました。あいにくの雨でしたが、
信仰が作り上げた建物は美しかったです。


e0130754_22514958.jpg
@サンクトペテルブルグ、ロシア 
@Saint Petersburg, Russia        2008.6
ロシアで出会ったゆるキャラ。道行く人に何かを配って
いるけど、まず顔がこわすぎ。そして着ぐるみを
突き破ってもはや人間の手が出ています。ロシア、
いろんな部分でぶっ飛んだ印象のあるとても不思議な国。
英語表記もなく、英語も通じず、旅の始まりとしては
かなりのツワモノだったことは間違いありません。

e0130754_22552614.jpg
@サンクトペテルブルグ、ロシア 
@Saint Petersburg, Russia        2008.6
ロシアには”外国人価格”なるものがあり、観光には
かなりお金がかかりました。このエカテリーナ宮殿を
見学するのに入場料だけで当時約4000円。そして、
共産主義の名残かロシアの人々はとにかく“並んで待つ”。
忍耐強いというよりも、それしか方法がないのです。
だから、時間のない観光客はもっとお金を払って、
ツアーに参加します。個人で宮殿見学するのは、
ひそかにロシアに対する私の挑戦状でもありました。


旅の2か国目はフィンランド。

e0130754_22585476.jpg
@ヘルシンキ、フィンランド  @Helsinki, Finland
2008.6
人が健全に幸せに暮らすイメージをカタチにして
見せてくれた街、ヘルシンキ。
まさに、映画『かもめ食堂』そのままの世界でした。
ロシアからの鉄道の車掌さんがまずニコニコ笑顔で
お出迎え。急に英語が通じるようになり、みんな親切で
終始感動。ロシアでこわばっていた心がするすると
ほどかれていきました。


e0130754_22542968.jpg
@ヘルシンキ、フィンランド  @Helsinki, Finland
2008.6
ロシアとフィンランドでよく見かけた顔の黒い鳥。
気になって調べてみたら、これが“ユリカモメ”だそう。
ちなみにここは港近くのマーケット。食べ物の屋台も
あって、みんながおいしそうに食べていたサーモンを
私も勇気を出して食べてみました…10ユーロ!!
サーモン一切れ1650円はやっぱり高い。
(当時1ユーロ=約165円)


そして、オランダ、フランス、イギリスと続きます。
当時は円安でユーロもポンドも高く、毎日お金が飛ぶようになくなっていき、
旅の先行きが不安で焦りがあったと思います。

楽しいばかりではない旅の現実。

e0130754_2342199.jpg
@アムステルダム、オランダ  
@Amsterdam, Netherlands      2008.6
オランダらしい風車のある風景。アムステルダムから
電車に乗って、見に行くことができます。ヨーロッパの
では乗り方に注意が必要です。基本的に改札がなく、
自由に電車に乗れます。車掌さんの抜き打ちがたまに
あり、切符を持ってないと罰金というシステム。私は
切符は持っていたのですが、実は特定のカードを持つ
人が割引価格で買える切符で、罰金を要求されました。
結局、正規の切符を買い直すことで許してもらえたけど、
そもそも改札作ればいいのでは??文化の違いです。


e0130754_235639.jpg
@パリ、フランス        @Paris, France
2008.6
パリ在住の方に勧められたバガテル公園のバラです。
三度目のパリ。ユーロ高により極貧パリとなりました。
当時、何をするにも日本の物価の2倍のイメージ。
毎日お弁当と水筒を持って街を歩いていました。
花の都でエッフェル塔も見ず、美術館にも行かず、
蚤の市と公園めぐりとひたすら街歩き。
物価の高い地域を早く抜けたいという焦りも出てきて、
常に次の街への移動方法、宿の確保を考えていて、
その時いる街を楽しめていなかったなと思います。


e0130754_236981.jpg
@ロンドン、イギリス  @London, UK
2008.6
ロンドンで待ち合わせの定番(?) “エロス像” 前。
ヘルシンキの宿で会ったあやこちゃん、もとのちゃんと、
私もここで待ち合わせしていました。でも大遅刻。
パリからバスで向かった私は、イギリスの税関で
「ちょっとこちらへ」と別室に案内され、荷物を
検査され、指紋をとられ、取調べを受け、数時間拘束。
イギリスの税関が厳しいことを知らなかった自分の
下調べ不足と英語力の無さを痛感した出来事でした。
合流後、二人が連れていってくれた中華がおいしかった。


続く。
[PR]

by harukamera | 2013-07-24 23:15 | 写真展2013.5.3-6
写真展終了しました☆ >>