ハルカメのせかいへGO!!


10ヶ月間の世界一周旅行とその後。いろんな”せかい”へGO!!
by harukamera
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

予防接種☆A型肝炎/破傷風 1回目

e0130754_1335070.jpg

4/10 誕生日☆
27歳になりましたー!!

そしてしばらくお休みしまくってた旅行準備を再開すべく
今日はJALに問合せに行ったり、予防接種を受けにいったりしました☆
…誕生日なのにw
いや、誕生日だからこそ!?動き出せ!27歳!

黄熱病を2/21に受けたので、
そろそろ他のものも打っていこうと
今日受けた予防接種は”A型肝炎”と”破傷風”

前回受けたとこ(日本検疫衛生協会 東京診療所)は、
会社からは近いけど自宅からは遠かったので、
自宅近くの病院を探し、予定よりも少し安く受けられました♪

”A型肝炎”¥8000 ”破傷風”¥2300 ナリ。

ちなみに東京診療所だと、”A型肝炎”¥8700 ”破傷風”¥3500 
それぞれ2回ずつ接種するので、総額¥3800も違うことになります。
保険が効かないから、結構値段はいろいろのようですね☆
探してみるものです。(前回の黄熱分を取り戻すべく!w)

ちなみに今日受けた病院は三軒茶屋にあるふたばクリニック というところです。

ネットで探していきましたが、
先生は診察が丁寧で普通のお医者さんとして当たり♪なかんじの病院でした。
今回、狂犬病の予防接種を迷っていたので、相談すると、

・現在、国内の製剤は供給不足のため、曝露後(動物咬傷後)のみしている。
・予防のための接種は海外の製剤を使うため、高額になり、
 1回あたり¥13000、これを3回(=¥39000)打たなければならない。
・しかし、高額な予防接種をしていっても、現地でかかる可能性は非常に低い。
・曝露後(動物咬傷後)は潜伏期間があり、この間に打てば問題ない。
・発症後は死に至る他ないが、日本の死者の例は非常に少ない。
・ただし海外での死亡数は多い。
・医師としては確率論を用いることはできないので、「どうしましょう?」と相談されたら、
 「打つに越したことはない」としか言えない。

上記の理由を丁寧にお話してくださいました。
お医者さんで特に開業医だったら、打った分お金がはいるわけだから、
「打ったほうがいい」というだけでもいいはずなのに、
きちんとお話してくれるあたり、とても好感がもてるお医者さんでした☆

…で、帰って母に相談した結果、
ものの5分で狂犬病は打たないことに決定しました。

動物には触らない!万が一、噛まれたらすぐに病院に行く!
海外に行くんだったら、それくらいのリスクを背負えとのことですw

さすが体当たりでメキシコに5年半住んでいた人です。

”黄熱病”、”A型肝炎”、”破傷風”この3つを受けて、
予防接種代は ¥31600になりそうです☆
[PR]

by harukamera | 2008-04-11 01:36
<< ぐるぐるルート④ 3月31日 >>