ハルカメのせかいへGO!!


10ヶ月間の世界一周旅行とその後。いろんな”せかい”へGO!!
by harukamera
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ペルー( 20 )


チチカカ湖☆その1

e0130754_11324178.jpg
楽しかったペルーの旅もいよいよ終盤★
やってきました♪憧れのチチカカ湖☆
(ティティカカ湖が正しい?でも言いやすい、いやタイプしやすいチチカカ湖でw)

e0130754_1211339.jpg
大学の授業で初めてその存在を知って以来、ずっと行ってみたかった場所☆
富士山より高い場所に、ペルーとボリビアにまたがる大きな湖があり、
そこにはトトラという植物で作った島に暮らしている人々がいます。

広いチチカカ湖にはトトラで作られた島以外にもいくつか島があり、
自力で島巡りしたいなーと思ってたのですが、
船が少なそうでなかなか難しく、1泊2日のツアーに参加してきました♪
e0130754_1293511.jpg
           トトラを収穫(?)するおじちゃん☆
e0130754_11394112.jpg
トトラで作られた島、ウロス島が見えてきました♪ほんとに住んでる♪
e0130754_11413329.jpg
ウロス島のおばちゃん☆写真を撮られ慣れているのか、笑顔はありませんw
e0130754_11425425.jpg
島、船、家、何にでも使われるトトラ。歯磨きのような存在でもあるようで、食べれます☆
しゃくっとした歯ざわり、ほんのり甘く、ほんのり塩味もあって、
ガイドさんの説明中、しゃくしゃくと結構食べてましたw
e0130754_11471774.jpg
ウロス島では、ガイドさんが島の人々の生活、島の作り方などを説明してくれ、
お土産ものを物色したりして、終了♪
別れ際、おばちゃんたちが歌を歌ってくれたのですが、
ケチュア語、アイマラ語のこちらの民族の言葉のほか、
日本語で“チューリップの歌”を歌ってくれたのには驚きました☆
e0130754_11514589.jpg
へんな動物の頭のついた船☆オプションでトトラでできた船にも乗れました♪
e0130754_12123834.jpg
          トトラ船を漕いでくれたおじちゃん☆
e0130754_11565027.jpg
ウロス島のあとは3時間ほどかけて、アマンタニ島というところへ行き、そこで島の人々の家へホームステイになります♪
アマンタニ島のおばちゃんたち。常に手を動かして、編み物やら糸つむぎやらしてます☆
ニット帽や手袋などのおみやげ物を売ることは大事な現金収入なのです。
e0130754_11553825.jpg
ホームステイ先での朝ごはん☆夜、おばちゃんが粉をひいて作ってくれたパンケーキです♪
e0130754_1233713.jpg
2日目に訪れたタキーレ島にて。ミサンガ売りの女の子☆はにかんでて、かわいい♪
1本1ソル(35円くらい?)のミサンガ、この日は結構売れてたようでした♪
前日、アマンタニ島でもミサンガ売りの子供に囲まれてしまい、
全員から買うわけにはいかなかったので、一緒に座って、
名前を聞いたり、日本語を教えたりして遊んでました。
これから、アマンタニ島では「買ってー、お願い♪」とかわいく言える子供が増えるはずです。
すみません、私が教えましたw

1泊2日のツアー、ものすごく忙しいかと思っていたら、
意外にのんびりできる時間もあって楽しかったです♪

さてさて、題名の“その1”、“その2”はあるのか?

…あります♪笑

続きはボリビア側にまわって、ボリビア側のチチカカ湖をお伝えしたいと思います♪
そう!明日からボリビアに入ります♪
[PR]

by harukamera | 2008-10-22 11:59 | ペルー

マチュピチュのおまけ☆

e0130754_6223835.jpg
マチュピチュ☆
写真を縦にしてみる。
e0130754_6232810.jpg

…あれ!?
なんだか顔に見えてきませんか!?
静かに眠るインカ人の顔に☆
e0130754_6251137.jpg
わかりやすくするとこんなかんじ♪…逆にわかりにくいかな?w
ワイナピチュ部分が鼻で、手前の小さな山(ウチュイピチュ)があご、
そして神秘的にかかる雲は寝息といったとこでしょうか?

今泊まってるホステルの壁にこんな風に縦にしたマチュピチュがかけてあって、
ある日、みんなで「おお、顔に見える!見える!」と大盛り上がりしたのでした☆

ちなみにマチュピチュにもコンドルが飛んでました!(嘘)
e0130754_6313954.jpg

さて、明日の夜、いよいよクスコを脱出します♪
やっとプーノ行きのバスチケットを買いました☆
慣れた街を出るのは心細くもあるけど、
プーノはどんなとこかな?と期待のほうが大きくなってきました。
クスコより標高が高いので、とりあえず寒いはず。
最近、標高で気温の予測がつくようになってきましたw
[PR]

by harukamera | 2008-10-18 06:38 | ペルー

ピサック☆

e0130754_4212020.jpg
マチュピチュからクスコに戻ってきて、
ちょっとおなかの調子を悪くしていました。

高地では消化機能が落ちるということで、
5日間の歩きに加え、2000~4000mの高低差のところを
移動してきたので、きっとおなかもよくわからなくなったんだと思います。
いったんお休みさせたら、今は元気になりました。

さて、おなかも回復したところで、
今日はクスコからバスで45分のところにあるピサックという町に行ってきました♪
e0130754_4225481.jpg
ピサックには遺跡もありますが、
私のお目当ては毎週火曜、木曜、日曜に開かれるマーケット☆

9時過ぎにピサックに到着すると、
すでに広場はお店で埋め尽くされ、巨大なマーケットが広がってました☆

もとは住民の物々交換の場だったようですが、
現在は大きな観光バスも乗り付ける、
観光客相手のみやげ物マーケットになってるようです。

昨日、クスコで値段チェックしていたタペストリーが3分の1の値段で買えたり、
危うくブーツを買いそうになったり(持っていったお金が足りなかったw)、
見ててあきない楽しいマーケットでした☆
e0130754_4233636.jpg
               すてきな織物もわんさか♪
e0130754_4241433.jpg
        ベルトのような腰紐を買ったとこのおばちゃんにお願いして、ワンショット♪
   「写真撮っていい?」って言ったら、「ちょっと待ってー」と髪を直し、
    わざわざ糸紡ぎの道具を持ってポーズ取ってくれました☆
e0130754_424515.jpg
  おなじく、カバンを買ったとこのおばちゃんに「写真撮らせてー」ってお願いしたら、
  商品のカバンを斜めがけにしてポーズ☆
 「できたよー」って見せたら、「あら、モデルみたいじゃない!」だって・笑

売り子さんとのやりとりも楽しいマーケット☆大満喫でした♪

さてさて、そろそろ動こうかなと思います。
町で顔を会わせるたび挨拶してた人もどんどんいなくなってしまって
さびしい限り…☆
居心地のいいところには、ついつい長居したくなるけど、
体さんが動けるなら、旅は動くべき☆
今週末にはプーノ!?…予定は未定ですw
[PR]

by harukamera | 2008-10-17 09:20 | ペルー

旅先で考える

e0130754_2281140.jpg
ペルーに入ってからお金があまり減らなくなりました。
それは、ペルーの物価が安いから。
ごはんも食堂でセットを頼んでも、100円とか200円で食べられるし、
宿も400~700円くらい。
ツーリストにとってはうれしい限り。

でも逆に考えると、それだけこの国は貧しいということ。

オリャンタイタンボで小さな男の子に「こんにちは!」って声をかけたら、
その子は自分の写真を撮ってほしいと私たちに頼みました。

カメラが珍しいのかと思って、写真を撮ってから、
「できたよ」って見せてあげたら、その子はもじもじしながら
「プロピニータ…(チップ頂戴)」と言いました。

ツーリストとして、チップ頂戴攻撃にあうことは当然です。
生きるため以外に使えるお金があるから、旅行にきているわけで、
私はこの国ではきっとお金持ちの部類に入るのです。

でも、こんなに小さな子まで…となんだか心が痛みました。
親に教え込まれたのか、ほかの子がしてるのを見て自分もまねたのか…

私はその子にお金をあげることができました。
私たちにとっては微々たるお金。

でも、あげられませんでした。

旅行中、自分がどう振舞えばいいのか、
急に選択を迫られることがあります。

生き方を問われているようだとも思います。

旅はお金を消費する毎日。
そのお金の使い方、現地の人たちへの接し方をここにきて考えるようになりました。

すみません、まとまりません。
汲んでください・笑
[PR]

by harukamera | 2008-10-15 02:42 | ペルー

THEマチュピチュへの道☆

今回、マチュピチュへは、バスと歩きで行きました。
行きと帰り、4泊5日。うち、3泊はテント泊。

もちろん当初は普通にクスコから電車で行って、
マチュピチュ村で1泊して、また電車で戻ってきてー♪なんて
考えていたのですが、思いがけずサバイバルな旅となりました☆

筋肉痛、疲れ、50箇所以上の虫さされ、水風呂、風呂なしw
…それをすべて差し引いても、楽しかった!!

とりあえず、この旅で一番歩いた5日間だったことは間違いありません☆
では、このサバイバルな旅を振り返ってみましょう!
(ほとんど自己満足です。時間も適当。)

【1日目】
クスコ-(バス/6時間)→サンタ・マリア-(コレクティーボ/1時間)→
サンタ・テレサ(テント泊)
e0130754_0373760.jpg
サンタ・テレサのキャンプ場は温泉施設の中にありました。
プールのような広い湯船♪ちょっとぬるかったけど、やっぱ温泉はありがたい♪
e0130754_035029.jpg
アルゼンチン人、スペイン人、オーストラリア人、日本人2人…のよくわからない5人組が
今回のサバイバルツアーのメンバーです☆
実際には、この写真を撮ってくれたイスラエル人の新婚さんカップルも加わってます☆
この旅で一番インターナショナルなグループw

【2日目】
サンタ・テレサ-(徒歩/8時間)→マチュピチュ村(ホステル泊)
e0130754_042456.jpg
一日目はバス移動のみで終了だったのですが、2日目はオール徒歩!!
e0130754_044989.jpg
歩き始めは元気☆途中で川を渡るゴンドラのようなものを発見したので、
隣に橋があるにもかかわらず、それでわざわざ川を渡るの図。
このあと私も乗せてもらいました♪面白かったー♪
e0130754_0465382.jpg
途中からは線路沿いを歩いていきます。砂利がごろごろで歩きにくかった…。
線路歩きの約4時間はひたすら歌を歌って自分をごまかし、歩くのみ。
e0130754_0494278.jpg
朝10時頃出発して、陽が暮れた頃にマチュピチュ村に到着☆
線路沿いから村の明かりが見えたときはかなり嬉しかった!!
この日は少し雨が降ってたのと、みんな疲れ果ててたのもあって、
ホステルに宿泊♪わーい、ベッドだー♪w
日本代表として、カレーを作らせて頂きました♪
味はすごい好評だったけど、スペイン人ゴンサロにとっては悪夢の食事に…★笑

【3日目】
マチュピチュ村-(徒歩/2時間)→マチュピチュ!!
-(徒歩/2時間)→マチュピチュ村(テント泊)
e0130754_0531088.jpg
朝4時半、ホステル出発でマチュピチュに歩いて向かいます。
ゴンサロは昨日のカレーにあたったのか、腹痛&発熱でダウン★ごめんねw
4人と新婚さんカップルで向かいました。
途中からもうマチュピチュの雰囲気満々♪♪しかし、軽い登山ですw
6時半くらいに着いて、ワイナピチュ登山の整理券をもらうために1時間以上並び、
ワイナピチュに登って、降りてマチュピチュ散策して…。
14時半くらいから下山していきました。
マチュピチュの入場料120ソル(約4000円)のモトをしっかり取った!笑
e0130754_10964.jpg
夜はマチュピチュが見えるキャンプ場でキャンプ☆
ゆうこちゃんも疲れが出て、ホステル泊。
3日目以降は私と、アルゼンチン人のニコ、
オーストラリア人のスティーブの三人での行動に。
…ほんとにサバイバルな旅になってきましたw

【4日目】
マチュピチュ村-(徒歩/3時間)→水力発電所(駅)
-(コレクティーボ/30分)→サンタ・テレサ-(コレクティーボ/1時間)→サンタ・テレサ(テント泊)
e0130754_144575.jpg
ゴンサロ先生はまだマチュピチュを見てないので、もう1泊。
ゆうこちゃんも帰りは電車で帰ることにしたので、もう1泊。
マチュピチュ村を出発する前にみんなでもう一度記念撮影♪
ニコはなぜか日本のパスポートを珍しがって、一緒に撮ってますw
e0130754_171135.jpg
また線路を黙々と歩く。途中 電車が来たら、よける!!笑
ほんとはこの日のうちにオリャンタイタンボというところまで行く予定だったのですが、
たどり着けず、サンタ・マリアの教会の前の空き地でキャンプ!
初・風呂なしでしたw

【5日目】
サンタ・テレサ-(バス/4時間)→オリャンタイタンボ-(コレクティーボ/30分)→
ウルバンバ-(バス/2時間)→クスコ!!
e0130754_112992.jpg
途中、オリャンタイタンボというかわいい街にたちより、5日目はクスコに戻るのみ!
オリャンタイタンボにもマチュピチュのような遺跡があるのですが、
入場料がすごく高くて、街を三人で散策して終了☆

そしてクスコに無事もどり、キャンプ用品を返却して、
サバイバー三人で豪華にピザパーティーをして、ピスコサワーで乾杯して、
今回のマチュピチュツアーは終了となりました♪

あー、楽しかった♪♪
最後まで読んで頂きありがとうございましたw

※コレクティーボとは乗り合いのミニバンです。
[PR]

by harukamera | 2008-10-14 01:17 | ペルー

マチュピチュ!!

e0130754_23581863.jpg
ペルーに入って約3週間☆高山病だの、疲れただの、ぐずぐずとしてましたが、
ついに行ってきました!!
憧れのマチュピチュ!!
出発数日前からクスコの天気は雨降りのいやな天気だったので、
天気が心配だったのですが、当日は快晴♪♪
電車を使わず、バスと歩きで行ったので、
感激もひとしお☆
ほんといい一日でした☆
e0130754_2356442.jpg
       マチュピチュ撮影の定番スポットからもういっちょ♪
朝4時起き、4時半出発で来たので、疲れもあってお昼には眠くなり、
ここでお昼寝も♪…なんて贅沢☆
e0130754_23564745.jpg
ワイナピチュ(上の写真でマチュピチュの都市部分の後ろに見える山)から見た、
マチュピチュ☆
麓のマチュピチュ村からマチュピチュへと続くジグザグの
ハイラムビンガムロードも見えます。
ここから見ると、マチュピチュが山の尾根に沿って作られてることがよくわかります。
e0130754_093749.jpg
ちなみにマチュピチュを下から見上げるとこんなかんじ☆
よくわかりませんねw
赤い矢印がマチュピチュ、青い矢印がワイナピチュです。
これを発見したビンガムさん、ほんとにすごい!
e0130754_23562364.jpg
マチュピチュにはリャマが放牧(?)されてて、のんびり草をはんでました。
青空をバックにかなりかっこいいリャマさん☆
[PR]

by harukamera | 2008-10-14 00:12 | ペルー

クスコの休日☆

e0130754_255792.jpg
クスコに来て、数日が経過しました。
が、まだまだマチュピチュが見えてきませんw

それはクスコというところが居心地がいいから。

昨日は日曜日。
宿が一緒のゆうこちゃん、スティーブン、
コンドルを見に行ったときに友達になったニコとゴンサロと一緒に
クスコ近くの遺跡サクサイワマン探検に行ってきました☆

「30分くらいで歩いていけるよ。」というニコとゴンサロの言葉を信じて
ついていってみましたが、
結果お昼から夕方までびっちりのお散歩となりました。
おそらくこのメンバーでマチュピチュを目指すことになりそうなので、
帰り道、「今日はナイストレーニングだったね☆」ということになりましたw

日曜とあって、地元の人たちがのんびりくつろいでました。
e0130754_2121780.jpg
サクサイワマンはちょっと高いとこにあるので、途中、クスコの町が一望できました♪
e0130754_214138.jpg
        こんなかんじで芝生にみんなで座って、ピクニックしてました。
e0130754_2153672.jpg
              凧揚げをする親子あり…
e0130754_2162584.jpg

   ギターを弾きながら、のんびりピクニックする親子あり…
e0130754_2184227.jpg
わんこの後ろではみんなサッカーをしてます。こっちは歩くだけでも大変なのにw
e0130754_2195111.jpg
            憧れのアルパカさんとついにツーショット♪
写真撮ってたら、通りすがりのおじさんがわざわざ撮ってくれました♪わーい♪
[PR]

by harukamera | 2008-10-07 02:30 | ペルー

クスコ☆

e0130754_224248.jpg
e0130754_232839.jpg
e0130754_2481.jpg
コンドルに満足して、アレキパに一度戻り、
やっとクスコに来ました。

ペルーに入って、10日以上…ゆっくりペースでいきます!

クスコは屋根瓦がオレンジで統一されててとてもかわいらしいかんじ。
街歩きもたのしいです♪

でも標高はたかいので、ここでゆっくりして、
いよいよマチュピチュを目指します♪

今、マチュピチュ行きの電車はストだそうです…。
[PR]

by harukamera | 2008-10-04 06:09 | ペルー

コンドル!

e0130754_775157.jpg
リマで空を見上げ、「あー、コンドルだー♪」と喜んだのもつかの間、
みんなで「コンドルってそんなに簡単に見れないんじゃない?」という話になり、
地元のおっちゃんに聞いてみると、
それはコンドルではなく、ガジナソ(黒コンドル。一応コンドルだけど、
死んだ肉を食べるなど、日本のカラスみたいな存在っぽい。)だと教えられた私。

そう、コンドルはそんなに簡単に見れないのです。

「でも、ペルーに来たからにはやっぱりコンドルが見たい!」

ということで、
まずは1日目、
だらだらと過ごしていたアレキパからチバイという町にバスで移動。
たった3時間で一気に標高3600mの高地に来たため、
いよいよ本格的に高山病。頭痛、吐き気、発熱で到着早々ダウン★

2日目、
ほんとは早起きしてコンドルに会いに行こうと思ってたけど、当然無理。
体はだるいものの動けたので、
水とパンを買いに、バスの時刻チェックに、ネットしに…と休み休み、
リハビリがてら散歩して1日終了。
だいぶ回復。明日こそは!と早めに就寝。

3日目、2時半起床。
コンドルは早朝に活発に行動するということで、張り切って4時発のバスに乗る。
6時前に念願のコンドルを見るための展望台(クルス・デル・コンドル)へ到着!

ああ、長い道のりでした。

これでコンドルに会えなかったらどうしようなんて思ってたのですが、
朝一番で待ってた甲斐あり、これでもか!というほど、コンドルが見れました♪
e0130754_7101810.jpg
e0130754_79263.jpg
展望台で本日の日の出。
高地なので、陽が照らないとすごく寒い。
靴下、ズボン2枚履き、ババシャツ、腹巻、
最後にはジャケットも重ね着という久々の完全防寒。
e0130754_793827.jpg
「モーニングコール!!」パチンコで小石を飛ばし、コンドルを起こす!w
e0130754_7113060.jpg
          「あ、コンドルだ!!」小さいけど、一羽飛ぶたび、みんなで大興奮!
e0130754_71349.jpg
e0130754_7133461.jpg
e0130754_714520.jpg
e0130754_7142690.jpg
e0130754_7145148.jpg

深い谷間をひゅーっと音もなく飛んでいくコンドル。
何度見てもほんとにかっこよかった。

顔はぶさいくだけど・笑

写真はぎりぎりまでズームを使い、その後更にトリミングしたりしてます。
そんなに近くではみえませんでした。

でも一度観光客のたくさんいるとこにコンドルが近づいたとき、
人と対比したコンドルの大きさにかなりびびりました。
(びびってたので、写真とれず)

アレキパ滞在も含めて、コンドルを見るためにほぼ一週間w
でも、時間を費やした甲斐がありました♪
コンドル、かっこよかったー♪
[PR]

by harukamera | 2008-10-02 07:17 | ペルー

アルパカとヒツジとリャマと…

高地に来てやっと、本物のアルパカとリャマに会えました♪

e0130754_920220.jpg
バスの中からちら見した初アルパカ。
e0130754_921381.jpg
バスの荷台に入れられるのを嫌がって、逃げるアルパカ。追うお姉さん。
e0130754_9215788.jpg
バスを降りて、軽快な足取りのアルパカ。
e0130754_923188.jpg
宿で飼われていたヒツジ。朝ゴハン中。
でも、客引きのおばちゃんは「ベビーアルパカがいるよ!」と言ってたのに…。
ヒツジじゃんっ!笑 でも、かわいいので許す。
e0130754_9235989.jpg
こちらはリャマ。
e0130754_925292.jpg
お姉さんも笑顔で一緒に、リャマ☆
かわいいのでついつい「写真撮っていい?」って撮らせてもらったんだけど、
撮り終わって「プロピーナ!(チップ頂戴!)」
これがお姉さんのお仕事です。

リャマとアルパカ、見分けが難しいけど、
顔がなんだか情けなさそうなのがアルパカという結論になりました。
[PR]

by harukamera | 2008-09-30 09:25 | ペルー