ハルカメのせかいへGO!!


10ヶ月間の世界一周旅行とその後。いろんな”せかい”へGO!!
by harukamera
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ボランティア( 1 )


初ボランティア☆

e0130754_2243471.jpg
久々の更新です。
旅から帰ってきてもう2年経ち、
このブログの位置づけがわからなくなっていましたが、
旅行だけでなくいろんな”せかい”へ行ったことを書いていきたいと思います。

自分が見たこと、感じたことを発信していくというのはやっぱり大事ですね。

そんなことを実感した新しい”せかい”。
金曜の夜から2泊3日で初めて災害ボランティアに参加してきました。
e0130754_22545154.jpg
ツアーは中型バス2台で。23時に新宿を出発して早朝に宮城県石巻市に到着。
e0130754_22575952.jpg
ボランティアセンターがある石巻専修大学の広いキャンパスは、
ボランティアの人たちのキャンプ場と化していました。
トイレもゴミ捨て場所もあり、整然としてます。すばらしい。
e0130754_2384396.jpg
朝ごはんを食べて、他の団体さんと合流して、向かった先は海水浴場。
浜辺のガレキ除去が本日与えられた任務です。
魚の腐ったような強いヘドロの臭いがしています。
e0130754_23121739.jpg
BEFORE
e0130754_23134355.jpg
AFTER
e0130754_23202246.jpg
みんなで集めたガレキの一部。昼食、休憩をはさみ、作業は3時間ほどでしたが、
力をあわせて、もくもくと集めた大小のガレキ。
ガレキを集めては集積場所にもっていく単純作業。
波の心地いい音を聞きながら、そういえば海に来たのは久しぶりだなと思ったり。
でも、この未曾有の被害をうみだしたのも海なんだよなと思ったり。
e0130754_23171570.jpg
家の一部であっただろう材木、水筒、まくら、本…などなど
生活が一気に飲み込まれてしまったのがわかります。
誰かのニモのぬいぐるみバッグも砂浜からでてきました。
e0130754_23472320.jpg
帰りのバスから見た、被害のひどかった地区の状況。
でもこれでもずいぶん片付いたのだそう。
以前はガレキが山積みで下の道路が全く見えなかったそうです。
e0130754_0101098.jpg
原型をとどめないものも。

石巻全体がこのような状況にあるのではなく、
少し車を走らせれば、大型スーパーも営業していています。
日常の生活と被害のあった場所が今も隣どおしです。
実際、この日の作業のあとは道の駅に連れて行って頂き、
温泉にゆっくりつかることができたのでした。
e0130754_23595266.jpg
翌朝、朝ごはんの炊き出しがありました。
「ボランティア、頑張ってね。食べて行ってね。」と言って手渡される温かい食事。
嬉しくて、がんばろう!という気持ちになります。

でも雨が強くなり、結局この日のボランティア作業は中止になりました。
「せっかく来たのに」「少しくらい雨が降ってもできる」という気持ちもありますが、
基本的にボランティアは雨天中止なのだそう。
善意のボランティア。でも万が一、二次被害が起きたときに誰も責任はとれないのです。
e0130754_0274360.jpg
ということで、帰りに少し寄り道をして松島観光♪となりました。久々の松島。
お土産物屋さんもまだ再開していないところもたくさんありました。
e0130754_0281983.jpg
各SAで買い込んだ戦利品☆
東北にはおいしいものがいっぱいです。これも地域に貢献!

小学校5年生から高校までを過ごした仙台。
今回のツアーは中学の友達、ちゅうちゃんに誘われて行ってきました。

ツアーに参加している方の中にはもう何度も行ってる方もたくさんいて、
私も今回行ってみて、一回きりの体験で終わらせるのではなく、
また参加して、少しでも継続して貢献したいなーと思いました。

一人一人のできることは限られてるけど、
それでもできることはある。

災害があったことを忘れずに、自分にできることをする。

それをきちんと行動にうつしている人たちに出会えて、
なんだか清々しかったです。

私もがんばっぺ!
[PR]

by harukamera | 2011-05-30 00:59 | ボランティア