ハルカメのせかいへGO!!


10ヶ月間の世界一周旅行とその後。いろんな”せかい”へGO!!
by harukamera
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧


マトリョーシカ・メイクセット☆

e0130754_1171542.jpg
クロアチアのザグレブにて発見!!
マトリョーシカ型メイクセット!!
マトリョーシカ型BOX、マトリョーシカ型口紅、アイシャドーetc.

なにもそこまでこだわらなくても…☆
ということで、パチリ☆
[PR]

by harukamera | 2008-07-31 01:19

夏野菜カレー♪

e0130754_132532.jpg
クロアチアのスプリットにて、ふみこちゃんと一緒に夏野菜もりもりカレーを作りました!
ヨーロッパはズッキーニが安いので、がんがん入れられます♪
やっぱりカレーは日本の味です♪

日本は猛暑ということですが、日本の夏が懐かしいこのごろです。
[PR]

by harukamera | 2008-07-31 01:05

最近の旅路☆

e0130754_0474372.jpg
列車待ちです。
ベオグラードは大きな街で、なんか観光する気が起きません。
暇なので最近の旅路を振り返ってみましょう☆

7/19,20 ブダペスト【ハンガリー】
21~23 ザグレブ【クロアチア】
 24,25 スプリット【クロアチア】
 26,27 ドブロブニク【クロアチア】
 28 モスタル【ボスニア・ヘルツェゴヴィナ】
 29 サラエヴォ【ボスニア・ヘルツェゴヴィナ】
  30 ベオグラード【セルビア】→ソフィア【ブルガリア】※夜行列車泊

どっぷり浸かっていたブダペストからやっと抜け出し、
物価の高いクロアチアをかなり高速で駆け抜けてきてしまいました。

今後は8/16に家具屋時代の先輩と合流する予定なので、
それまでにトルコを周りたいなーと思ってます。
危なそうであればもちろん捨てるけど…。

ドブロヴニクからずっと同じコースをたどってるっぽい韓国人の女の子がいて、
今日、ようやく話しかけてみました☆(バスがいつも一緒だった)

彼女もイスタンブールに行く予定のようなので、
ちょっと心強いです。

早くイスタンブールから上がってきた人に会わないかな♪
[PR]

by harukamera | 2008-07-31 00:59 | 旅路

アイスくん♪

e0130754_03511.jpg
クロアチアのドブロヴニクにて発見!
ひどいキャラです…。アイス屋さんがたくさんあるので、他との差別化を図っているのか?
確かに私はココでアイスを買ってしまいましたが。
しかも、アイスくん、ほんとは腕が付いてたみたいです。
e0130754_055251.jpg
         アイスくんの腕よ、いずこ…。
[PR]

by harukamera | 2008-07-31 00:06

サラエヴォ☆

2008/07/29

e0130754_2339856.jpg
”サラエヴォ”と聞くだけで、なんだか怖そうな街と単純にイメージしていました。
クロアチアからイスタンブールまで行くのに、
できればここらへんは避けたかった場所。

でも、他のルートもなかなかうまく組むことができず、
とりあえず現地で情報収集♪とクロアチアまできました。

で、結局来てみました。サラエヴォ☆
クロアチアのスプリットの宿のオーナーさんに
「サラエヴォはおもしろいですよ♪安全です。」と言われ、
「行ってみよう!」と思ったのでありました。

それでもまだ緊張気味でしたが、
前日モスタルに向かうバスの中で
サラエヴォに住んでるというお兄さんにもいろいろ情報を教えてもらい、
だんだん楽しみになってきた街でした☆

実際、モスタルと同じように戦争のアトがあちこちに残っています。
第一次世界大戦のきっかけとなったのもココ、サラエヴォです。
e0130754_2350128.jpg
第一次世界大戦の発端となったサラエヴォ事件の起きた橋。
びっくりするほど、小さな橋でした。
e0130754_23431541.jpg
戦時中も営業を続け、ジャーナリストが集まっていたというホリデイ・インホテル
e0130754_2344236.jpg
動くものはすべて狙撃されたというスナイパー通り
e0130754_2345414.jpg
1992年に砲撃を受け、現在も修復工事中で立ち入りできない、国立図書館
e0130754_23465399.jpg
少し中心から外れると、お墓がたくさんありました。
そのほとんどが1992~95に亡くなっているものでした。
お墓を撮るのは悪趣味かと思いましたが、1枚だけ撮らせてもらいました。

e0130754_23514022.jpg
またしても知らないおじさんとお茶☆スロバキア・アゲインですw
ボスニア式のコーヒーをごちそうになりました♪
今回も「睡眠薬入ってないよね?」と思いつつお茶でしたが、大丈夫でしたw
サラエヴォには1泊しかしないというと、
おじさんは「少なすぎる!5泊は必要!」といってたけど、
5泊は気持ち的に重すぎるな…。

今回、サラエヴォを歩いていて、「なんか見たことある風景だなー」と思ってました。
前にいのふぃに誘われて見に行ったゴダールの”アワーミュージック”の
舞台がサラエヴォでした。

旅行前は全く行くことを考えていなかった場所。
でも、見たことのある場所。
いろいろリンクしてくるもんです。
[PR]

by harukamera | 2008-07-31 00:00 | ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

モスタル☆

2008/07/28
e0130754_2303933.jpg
ドブロヴニク、アドリア海にかなり後ろ髪を引かれつつ、
ボスニア・ヘルツェゴヴィナのモスタルという街にきました。

ドブロヴニクからバスで約4時間。
日帰りもできる距離なのに、海辺の街・ドブロヴニクからガラリと雰囲気が変わります。

この街には世界遺産になってるスタリー・モストという橋があり、
この橋を境にムスリム人とクロアチア人が住み分けしています。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争の際には、
両者が互いに”民族浄化”のために殺し合いをした場所でもあります。

橋自体も、戦争中1993年に一度破壊されており、
現在の橋は再建されたものです。

…というと、すごく恐ろしい場所のようですが、
現在は観光客でにぎわう観光地となっています。

e0130754_2314172.jpg
e0130754_23161237.jpg
ただ、ところどころ、爆撃された建物がそのままになっていたりして、
戦争のアトを垣間見ることができますが、
つい10数年前にそんな戦争があった場所とはとても思えませんでした。

人も優しいし。
平和で美しい景色だし。

でも、それは戦時中もきっと変わらなかったことで、
その中で戦争が起こり、
”民族浄化”の大義名分のもとに、
人を殺すことが正しいこと、当然のこととなってしまう
人の心理が一番こわいと思いました。
常識なんてすぐに覆されてしまうんだろうな…。

現在もムスリム人とクロアチア人の往来はほとんどないそうです。

街を歩いてると、
アザーン(イスラム教のお祈り?)がモスクから聞こえてきたりして、
イスラムが近づいてきたなーというかんじがしました。

6/29のチェコ入りから始まった中欧の旅、
もうそろそろ終わりが近づいてきました…☆
e0130754_2327956.jpg
       夜のスタリー・モスト☆
おみやげ物屋さんが連なる通りに観光客でにぎわってて、縁日のようでした♪
[PR]

by harukamera | 2008-07-30 23:24 | ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

今後の予定…★

2008/07/29

e0130754_3543965.jpg
予定は未定。

私は今、ボスニアのサラエヴォにいます。
紛争があり、ニュースでよく聞いたことのある地名。
私はこわいところだと思い込んでたし、
まさか自分が来るとは思ってませんでした。
こわいもの見たさではなく、
旅の中で実際に行ったことのある人の話を聞くことができ、
すでに安全なんだと確認できたので来てみました。

実際、ところどころ戦争のあとを垣間見ることができるけど、
人は優しいし、街は観光客でにぎわっています。
また追々アップします。

さて、ハンガリー、クロアチアと旅をして、
これから一気にイスタンブールを目指していこう!と
思ってたら、イスタンブールで連続テロがあったようですね。

ドブロヴニクを出た直後、バスの中でテロの第一報を聞き、
「連続ってことはないよねー」なんて話してのん気にしてたら、
政府も報復の空爆をしてるようで、
ルート変更も考えなければいけないかもしれません。

当初はサラエヴォ→ベオグラード→ソフィア→イスタンブール
というルートを考えていたのですが、
とりあえず、ソフィア(ブルガリア)まで移動し、
そこでイスタンブールの安全という情報が得られなければ、
ギリシャに行こうかなと思います。

ベオグラードも恐そうなので、
(実際に行った人はたくさんいるので大丈夫だとはおもうけど)
できれば宿泊せずソフィアに行ってしまいたいと思ってます。

いろんな方からイスタンブールのテロ情報をもらって、
心配していただいてます。
ご心配おかけして、すみません。

安全第一でがんばります!
[PR]

by harukamera | 2008-07-30 04:03 | 旅路

アドリア海☆

e0130754_2195232.jpg
さきほどの”ドブロヴニク”で、”絶対また行きたい!!”と書きましたが、
その大きな要因は、アドリア海であります。

今回、クロアチアで私はアドリア海に魅せられてしまいました。
こんなきれいな海、見たことない!!!

行く前は「アドリア海、実際名前負けなんじゃないの?」なんて
思ってた私ですが、アドリア海のきれいさは本当にハンパなかったです☆
完全にノックアウトされてしまいました…☆

ブダペストで一緒だったふみこちゃんと7/24にスプリットで合流し、
翌25日にスプリットから足を伸ばして、ブラーチ島に行ってきましたが、
そこで私たち2人はアドリア海の美しさ、
そして高級リゾート気分にかなり舞い上がってしまいました☆
e0130754_2232124.jpg
       贅沢すぎる風景♪
自分たちがお金持ちだったんではないかと錯覚してしまいますw
e0130754_2173674.jpg
       この透明度!!(知らないオバちゃん、隠し撮りですw)
e0130754_2223963.jpg
       ウニもザクザク!!
「大漁だー!今日はウニ丼だー!」とウホウホ採ってたら、
そのほとんどがオスで食べられないことが宿に帰ってから判明…w
スプリットの海にウニさんをお返ししました…。
奇跡的に2個だけメスがいて、少し食べれた。
でも、心優しきクロアチア人カップルさんとウニ採りできたのは、
楽しい思い出…♪♪
クロアチアの人はウニを食べないようで、
ウニ採りに没頭する私たちを遠くから奇異の目で見守るギャラリーが
いつのまにかできてました…w

ウニおいしいんだよー!と言っても、クロアチア人は絶対食べなかった。
気持ち悪いんだろうなー…★

e0130754_3344715.jpg
ドブロヴニクにて夜8時頃になってから発見したビーチ。
宿から徒歩10分…。なんで昼間気づかなかったんだろう…と後悔★
e0130754_3351728.jpg
       どこまでも透明☆
[PR]

by harukamera | 2008-07-30 02:26 | クロアチア

ドブロヴニク☆

”落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。”

”魔女の宅急便”の名コピーですね☆

その魔女の宅急便の街のモデルとなったと言われる街、
ドブロヴニクに7/26 27と滞在してました。

ちょっとしたアクシデントがあり(詳しくは後日…w)
26の夕方にドブロヴニクに到着し、28早朝に移動したため、
実質滞在は1日だけでしたが、
すごく好きな街になりました!

絶対また行きたい!!
そして次はお金に余裕をもって、のーんびりしたい!!

では、まずキキになった気分でドブロヴニクの町並みを眺めてみましょう♪
ぶーん♪
e0130754_1565847.jpg
ぶーん♪
e0130754_1572411.jpg
…実際は街を一望できるスルジ山に汗だくになりながら、撮った写真ですw

ドブロヴニクが魔女宅の街かどうか、真相はわからなかったけど、
それでも文句なしによい眺めでした。

山頂は戦時の爆撃のあとがそのままになっていたりして、
あまりゆっくりできる雰囲気ではなかったので、(そのためか山に登る人も少ない)
そそくさと下山してきましたが、
途中で180度視界が開けたところがあったので、
お昼がてらそこでぼけーっとしてきました。

いろいろ試してみたけど、BGMはやっぱり
ユーミンの”やさしさに包まれたなら”がしっくりきました♪
…結局、”魔女宅”じゃん!!
というわけで、今日も私は元気です。

e0130754_2742100.jpg
        山頂の建物には爆撃のあとが残る…
e0130754_3414912.jpg
          ジジもいました♪
[PR]

by harukamera | 2008-07-30 02:11 | クロアチア

デメルのチョコ♪

2008/07/23
e0130754_0551044.jpg

オーストリア、ウィーンの有名なチョコ屋さん、デメル♪

節約旅行ながらも、1.5ユーロの板チョコがあったので、
「これなら買える!!」とビターとミルク、各1枚をお買い上げしてきましたー♪

おいしかったのは言うまでもないですが、
最終的には「デメルじゃなくてもいい」ということになりました。

ウィーンは普通にスーパーに売ってる板チョコもおいしかった♪
というか、やはりウィーンは食が豊かで、
何を食べてもおいしかったです☆

パン屋さんも日本並みに菓子パンから惣菜パンまで種類豊富で安かったし♪

しかし、デメルの店員の態度のわるいこと!!
たしかにたった3ユーロしか買ってないけど、
ものすごいぶっきらぼうに
「3ユーロ!!」「バッグ??(袋いるか?)」の二言のみ。

老舗だからこその丁寧な接客してほしかったです。
イメージダウン★
…まぁ、それをヨーロッパで求めるのが間違ってるのかなw
[PR]

by harukamera | 2008-07-24 01:01 | オーストリア