ハルカメのせかいへGO!!


10ヶ月間の世界一周旅行とその後。いろんな”せかい”へGO!!
by harukamera
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トロント!

e0130754_1438319.jpg
トロントのリスは黒い。茶色いほうがかわいいなー。

10/15~18までモントリオールのりょうこ邸にスーツケースを置かせてもらって、
一人でトロントとナイアガラへの3泊4日のショートトリップをしてきました。
e0130754_14421136.jpg
お世話になったmegabusさん。
カナダは交通費が高い!でもmegabusさんは安い♪
安くてもトイレ付のきれいなバスだし、ネットで全部予約できるし、
車内はFree-wifi飛んでるし、とても快適でした。

ただ、このとき快適じゃなかったのは私のオナカ。
前述のホームパーティーでのアンニャさんのごはんの量に
完全にノックアウトされてしまい、6時間のバス移動中、ずっと気持ち悪い。

トロントに着いて、宿にチェックインして、ちょっと休んだら、
それでもフラフラと観光。
実はトロントでワーホリ中の友達をごはんに誘っていたので、
これでは何も食べられない!動いて消化をすすめようというわけ。
e0130754_1450423.jpg
「…スカイツリー??」
いえいえ、こちらはトロントのランドマーク、CNタワーでございます。
スカイツリーと高さがほとんど一緒だという事前情報をもとに登らず。やる気なし。
e0130754_1532289.jpg
トロントは整然としていて、とても都会でした。
人がせかせかと急ぎ足で歩いていて、
モントリオールののんびり感に慣れていた私はちょっとドギマギしてました。
e0130754_158454.jpg
そして、モントリオールと決定的にちがうこと。
それは言語が英語であるということ。

モントリオールからトロントに向かってバスで2時間も走ると、
急に車外に見えてくる看板が一変して英語表記になりました。

カナダという一つの国の中に、英語圏とフランス語圏があります。
モントリオールはフランス語圏、トロントは英語圏。
バスでたった6時間の移動なのに、
急にフランスからアメリカに来てしまったような街の雰囲気の違いに驚きました。

「どちらかに統一すればいいのに」と思うけど、
そこにはフランスとイギリスの植民地争いによる歴史上の確執があるのです。
e0130754_164741.jpg
植民地問題はまた今度にして、トロントで友達とも合流し、
りょうこちゃんに「かわいい街並みだよ!」とオススメされたグリークタウンへ。
ここでもオナカの不調から「ギリシャ文字だー」という感想しか持てない私。
そしてギリシャ料理のスパイシーな肉々しいかんじはオナカ的に絶対に無理。

ということで、結局チャイナタウンに連れて行ってもらい、
優しい味を求めて、フォー屋さんへ。
そして、ありがたくおかゆを頂いたのでありました。アジア、万歳☆

トロントでワーホリを始めたばかりの友達の話を聞きながら、
海外で暮らすということの難しさ、大変さを想像してみる。

ワーホリって簡単に言うけど、ビザもらっていざ着いたら、
あとは自分の力でなんとか生活していかないといけない。

エージェントに全部お世話してもらって、とりあえず語学学校行って、
そのあとは遊んで過ごすっていうプランは別として。

フォーのあとはお茶を飲みつつ、今後どう生きるかみたいな話をしつつ、
トロントの夜は更けていくのでした。

でもやっぱり単純に海外に住むというのは面白そうだなー☆

オナカもだいぶよくなってきた。
たけちゃん、ありがとう!

そんなこんなで、明日はいよいよナイアガラの滝に向かいまーす♪
[PR]

by harukamera | 2012-11-26 16:34 | 番外編・カナダ&NY
<< ナイアガラ!① モントリオール!③ >>