ハルカメのせかいへGO!!


10ヶ月間の世界一周旅行とその後。いろんな”せかい”へGO!!
by harukamera
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ひとり闘牛のススメ

e0130754_10385841.jpg
公園ののんびり休日を大満喫したあと、
ふと" あ、今日は闘牛の日だ。 "と思いたち、
ふらり闘牛を見に行ってみました。
e0130754_10392388.jpg
闘牛場に入りする人気(?)闘牛士。サインに大忙しでした。
e0130754_10405344.jpg
闘牛のはじまり、はじまりー。選手入場です。
e0130754_10482424.jpg
1試合目は、白馬に乗った闘牛士との対戦でした。

闘牛は初めてみたのですが、
一人の闘牛士がずっと戦うのかと思いきや、
牛VS闘牛士軍団というかんじで戦っていました。
e0130754_10531936.jpg
まずは武装した馬に乗ったおじさんが、
槍でええいっ!!と何回か突刺し、
e0130754_10502317.jpg
3人の子分が牛に槍を2本くらいずつ刺していきます。
ピンクのマントは子分のしるし。
e0130754_10545662.jpg
そして槍を何本も突刺されて、
牛が息も絶え絶えというところに親分登場!
成敗してくれるわ!! というかんじで、
ここからメインの闘牛士(親分)との一騎打ちになるのです。
e0130754_10562578.jpg
赤いマントは親分のしるし。
親分は牛をどのくらい近くまで引き寄せて、
エレガントにかわすか?というところが腕の見せどころになります。
うまくかわすと、会場全体から"オーレッ!"の掛け声がかかるのです。
e0130754_10581385.jpg
親分との対決では、牛がよろよろになって、
がくっと座り込んでしまったら、親分の勝ち。

すると牛の後ろ側から 息の根止め係が出てきて、
ぐさっと急所を刺し、牛は成敗されてしまうのです。
e0130754_1114419.jpg
そして最後に "お片付け係"が登場。
牛を片付け、場内をきれいに整備し直し、
次の牛が放たれ、2試合目開始となるのであります。

見た試合をひっくるめて、全体的にこんなかんじですすんでいきました。

これが全8試合。
1試合あたり30分くらいかかるので、
結構な長丁場であります。

いかがでしょうか?
"全然面白くなった。"という感想を持つ人もいる闘牛。
"寄ってたかって、牛をいじめてるみたいで可哀そう!"という人もいる闘牛。

私は結構淡々と見てしまいました。
メキシコ人にとっては、休日の野球観戦というかんじで、
ビール片手に楽しむ!というもののようです。

少なくとも、私は牛肉を好んで食べるわけで、
牛が可哀そう!という意見には賛成ができません。
ひとつの文化だしね。
殺された牛は、きっと皮も肉も有効活用されるのではないかなと。

ひとり闘牛、ぼーっとできてなかなかオススメであります。
e0130754_10433689.jpg
ちなみに私が買った席は3階の日陰席(約420円)
1階席(細かく料金が分かれてる)、2階席、3階席ともに
日なた席と日陰席に分かれています。
日陰のほうが逆光にならない 涼しい ということで、
日陰のほうが高いのですが、
最終的には会場全体が日陰になり、
寒くなって、私は残り3試合を見ずに退散させて頂きましたw
[PR]

by harukamera | 2009-03-06 11:11 | メキシコ
<< メキシコアート三昧☆ メキシコシティの休日 >>