ハルカメのせかいへGO!!


10ヶ月間の世界一周旅行とその後。いろんな”せかい”へGO!!
by harukamera
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

モントリオール!②

e0130754_0421974.jpg
モントリオールで私を出迎えてくれたりょうこちゃん特製ハロウィンのカボチャ☆
目がキリリと三角なのはジャパニーズだからだそう。
e0130754_0455952.jpg
こちらは、りょうこちゃんリクエストのお土産のこけし☆
自分で選んで言うのもなんですが、色づかいも顔もかわいい。
しっかりカナダでジャパンを主張してほしいと思います。
e0130754_049158.jpg
ある日の夕食。ギョウザ作りました!
今回、みんなで鍋をしようと日本から土鍋を持参したので、
その鍋の材料を買いにチャイニーズのスーパーに行ったところ、
ギョウザの皮を発見!白菜も、ニラも、しょうがも、ごま油も、ひき肉も発見!
これは作るしかない!!笑
しかし、いつも思うけど、
どこにでも自分たちのスタイルを持ち込んでしまう中国人のパワーってすごい。
今回は食の面でとてもお世話になりました。
e0130754_054060.jpg
一人で黙々と作業してたけど、餡を大量に作りすぎて、
結局食後にりょうこちゃん、ルイスさんも巻き込んでみんなでギョウザ作り。
ルイスさんはメキシコ人ですが、
日本食好きでギョウザも鍋も気に入って頂きました。
e0130754_102170.jpg
結果、100個以上のギョウザが出来上がりました。

ちょっと前に観た映画”トイレット”で、
ギョウザが話のキーになるところがあるのですが、
なんとなくそれを思い出しました。
e0130754_125973.jpg
お呼ばれしたホームパーティーにも冷凍ギョウザをお土産に持参。
ロシア、ポルトガル、フランス、メキシコといろんな国から、
留学、移民とそれぞれの目的をもってカナダに暮らしている人たち。
このときの共通言語はフランス語で、
正直会話の内容はちんぷんかんぷんだったけど、
目的をもって海外に出てきている人たち特有の自由な雰囲気がとても楽しかった。
e0130754_1142739.jpg
のり巻きも作りました!
e0130754_1171697.jpg
この日はりょうこちゃんの家でホームパーティー。
ベネズエラから移民してきたご夫婦をお招きして♪
このときの共通言語はスペイン語。
フランス語よりはいいけど、とてもネイティブの会話にはついていけないので、
ほとんどりょうこちゃんに通訳してもらってました。

カナダは移民の国。
いろんな背景をもって、目的をもって、
それぞれカナダに来ているんだなということがわかりました。

これについては長くなりそうなので、
また今度書きたいと思います。

…と、このように、約1週間のモントリオール滞在中、
何をしていたかというと、
ほんとにふつうに暮らしているように生活させてもらっていました。

途中で家に泊めてくれているりょうこちゃんから
「家政婦みたいで嫌だから、もっと観光して!」と言われるくらい。

でも私としては、その暮らしの疑似体験ができるのが楽しかった。

貴重な体験でした☆
[PR]

# by harukamera | 2012-11-25 01:36 | 番外編・カナダ&NY

モントリオール!①

e0130754_18462842.jpg
久々の更新です。
10/9~11/3までカナダ東部とニューヨークを旅してきました。
最大の目的はモントリオールに住む友達、りょうこちゃんを訪ねること。
モントリオールへ行く計画を立てはじめると、どうせならここも。ついでにここも。と、
どんどん目的地が追加され、結局久々の長旅になりました。
e0130754_1846576.jpg
仕事を辞めて、いったん一区切りをつけたところでもあり、
これから何をしようかなとぼんやり考えながらの旅。
紅葉も少しずつはじまっていたモントリオールはとてもきれいな街でした。
そして、人がとても優しかった。
地下鉄の駅でのこと。
荷物を持って、階段の横で人を待っていた時、
数分の間に何人もの人が「大丈夫?手伝おうか?」と声をかけてくれました。
みんな私がスーツケースを持っていて降りられないんだと心配してくれたのです。
e0130754_18471145.jpg
美しい教会。
モントリオールでの観光らしい観光といえば、ほとんどここくらい。笑
あとは何をしていたかというと、朝、りょうこちゃんと同居人のルイスさんを送り出し、
洗濯したり、スーパーに行ったり、図書館に行ったり、
そして夕方になったら、晩ごはんの支度をして…と、
日本でもできる日常生活を疑似体験させてもらってました。

でも、これがとても楽しかった。
e0130754_195159.jpg
たまに世界一周のときの日記を読み返すときがあります。
もう4年も前のこと。
その日何をしていたのか、何を感じて、どう思ったのか、ぎっしり書いてあって、
今後何をしたいかとか、人としてどうありたいかとかも書いてある。笑

その中に”海外で暮らしてみたい”と書いてある。
暮らすということは、そこで収入を得て、人と関わって生活の基盤を作っていくこと。
旅のように簡単なことではないのはわかっているけど、
今回の旅の中では実際に自分の国以外で暮らしている人たちの生活に触れる機会がたくさんあって、いろいろと考えさせられました。

とりあえず、まだまだ考えはまとまらないので、
少しずつ今回の旅の様子をアップしていきたいと思います。

☆今回の旅路☆
10/9 成田→モントリオール
10/15 モントリオール→トロント
10/16 トロント→ナイアガラ
10/18 ナイアガラ→モントリオール
10/20 モントリオール→ケベック
10/21 ケベック→モントリオール
10/22 モントリオール→ニューヨーク
11/2 ニューヨーク→羽田11/3  ※ハリケーンのためNY4日間延泊…★
[PR]

# by harukamera | 2012-11-09 19:16 | 番外編・カナダ&NY

ミラノ!

e0130754_1640983.jpg
ステラさんの家のステキな朝ごはん。
でも、イタリアでは朝ごはんはシンプルなのか、
パン、コーヒー、ジュース、コーンフレーク、お菓子という内容。卵や野菜はなし。
とりあえずカロリー高いもの食べて元気だしてこー!というかんじですかね。

ヴェローナの駅でまたタカハラさんと待ち合わせをして、
ミラノへ向かいます。ローカル線で約2時間。
e0130754_16463635.jpg
で、ミラノに着いたー♪
e0130754_16514286.jpg
ミラノの駅はまるで博物館のように重厚で立派ー☆
e0130754_16545093.jpg
そして
イタリア最後のお宿はこちらー♪
ヒルトンです♪写真じゃわからないけどw
普通のツアー旅行だったら
「今日はヒルトンか。わりとビジネスホテルっぽいな」などと言ってしまいそうだけど、
ローマ、フィレンツェ、ベネチアと当たり前のようにドミトリー生活をしてきた私にとっては、
一気にランクアップ♪
11時頃に荷物を預けるつもりで行ったのに、
早々にチェックインさせてくれたし♪さすがヒルトン♪
e0130754_1771243.jpg
そのテンションで、とりあえずミラノのみどころ、ドゥオーモへ♪
e0130754_1711322.jpg
中も美しいー♪
e0130754_17153972.jpg
ドゥオーモのすぐ近くにあるガレリアにて。
牛のモザイク画の上で片足を軸にしてお願い事をしながらくるりとまわると、
願い事がかなうというもの。叶いますように♪

…とこの2つを見てしまったら、あとはミラノで買い物三昧♪
と思ってたのですが、オシャレなショップをなかなか見つけられず…。
ここでも下調べ不足。しかも夏のセールが明日から!ってタイミング悪い…★
それでも、ローマで見ていた靴がちょっとセールになって買えたり、
お土産を買い込んだりして、いったん宿に戻って一息つくと、すでに16時半。

あれれ、ダヴィンチの”最後の晩餐”を17時から予約してるんですけど!?

ということで、またまたダッシュ!笑
なかなか電話がつながらなくて、やっと取れた予約。
無駄にはできません。

地下鉄を乗り継ぎ、ミラノの街を全力疾走し、
ギリギリセーフでたどり着いて、受付のおじさんに予約票を渡すと…

"Haruka?? ....tomorrow!!"

「ええ!?ここにきて日にちを間違えた!?」と思ったら、

"Ha!Ha! It's joke!"だってw

あー、びっくりしたw

無事に”最後の晩餐”を鑑賞し、ミラノは終了ー。
帰りの地下鉄で同じようにイタリアを一人で旅していたあいさんに会って、
カフェも閉まっていたので、3人でヒルトンでおしゃべり♪

インドのアーユールヴェーダのデトックス合宿?が面白そうだったなー♪
行ってみたいところはまだまだ尽きない☆
e0130754_17461123.jpg
翌朝、楽しみにしていたヒルトンの朝ごはん♪
さすが♪卵も野菜もフルーツもあるー♪

おいしい朝ごはんを食べたら、あとは帰るのみ。
ヨーロッパはやっぱり遠い…☆

ということで、イタリア旅日記、やっと終了です。

ローマ、フィレンツェ、ピサ、ベネチア、ヴェローナ、ミラノと
6都市を約1週間で駆け足で周ってきました。

最近、カメラも買い換えたし、また旅行に行きたいなー♪
次はもっと早くアップをしよう。
読んでいただいた方、ありがとうございました♪
[PR]

# by harukamera | 2011-11-06 18:06 | 番外編・イタリア

ヴェローナ!②

ヴェローナのステキなお宅訪問♪
e0130754_15181222.jpg
広々したリビング☆
e0130754_15232218.jpg
置いてある家具の感じもステキ♪品がありますねー♪
e0130754_1525480.jpg
そしてかわいらしいベッドルーム♪
以上、ヴェローナにお住まいのステラさんのおうちからお送りしましたー☆
e0130754_15454549.jpg
続いては、モダンなご自宅をご紹介♪
e0130754_15472973.jpg
リビングは60年代の家具が置かれています。
e0130754_15482792.jpg
ベッドルームもオシャレです♪
e0130754_15495645.jpg
ダイニングにはIKEAの小物が見え隠れ。イタリアでも人気ですね♪
こういうパステルカラーに壁を塗られた部屋、いつかはやってみたい。
海外の家!ってかんじがして憧れますー☆

ヴェローナのお宅訪問。
実はステラさんのご自宅は私が泊まったB&B、
モダンなご自宅はタカハラさんが泊まったB&Bなのでした。
自宅で余ってる部屋を有効活用するために、宿泊施設として使う。
自宅に知らない人がいるというのは、ちょっと怖い気もするけど、面白そう。
日本では考えられない発想。とても単純で自由な発想。
e0130754_15595159.jpg
さてさて、ヴェローナでのメインイベント。
野外オペラがもうすぐ始まります。
開演はなんと21:15から。夏のヨーロッパは日が暮れるのが遅い…。
私のチケットは一番安い自由席なので、早めに行って、席を確保。
まだ会場はガランガランですw
e0130754_1673891.jpg
開演が近くなると、この通り。
オペラがもうすぐ始まるよっていうわくわく感に会場が包まれてます。
e0130754_16161511.jpg
で、肝心の内容。全くわからずw
e0130754_16163761.jpg
この日の演目は”アイーダ”という、
比較的初心者でも楽しめる内容のものだと聞いてたのですが、
話のあらすじすらろくに予習していかなかった私は、
最後まで誰が主人公なのかすらよくわからず。
e0130754_161786.jpg
帰国してから、詳しい人に大体のあらすじを教えてもらって、
「あー、そういうことだったのね」と納得する始末。
オペラファンの方に怒られそうですねw
とりあえずオペラを楽しむ雰囲気だけは味わえました♪
e0130754_162571.jpg
そうして、オペラが終わると、もう夜中の1時!
長い上演時間の合間には休憩の時間が3回くらい設けられていて、
その休憩時間に外に出て、バーやカフェで一杯飲みながら語らうというのが、
オペラの上級な楽しみ方のようでした。
行ったことないけど、歌舞伎もそんなかんじなのかな?オトナですね♪

そんなこんなでステラさんのおうちに戻って、2時就寝☆
明日はいよいよ旅の最終目的地、ミラノに向かいます。
[PR]

# by harukamera | 2011-11-06 16:32 | 番外編・イタリア

ベネチア④&ヴェローナ!

e0130754_22132690.jpg
またまた更新が途絶えてしまってました。
そろそろ年の瀬も感じる今日この頃。イタリア旅日記、あともうちょっと☆
e0130754_225036.jpg
朝のベネチア。
チケットの期限が切れて、ヴァポレットにはもう乗れないので、歩いて散策。
e0130754_22382969.jpg
朝の市場。ベリー類がおいしそう。
e0130754_21581723.jpg
ゴンドリーエも制服のボーダーシャツに着替えて準備中。
小さな路地を歩いてみると、
普通にスーパーもあって、人の生活が感じられる街、ベネチア。
2泊だったけど、島巡りもできて大満喫でした♪
e0130754_2203576.jpg
ベネチアからまた列車に約2時間乗ってヴェローナという街へ移動☆
e0130754_22592530.jpg
ヴェローナに来た理由は、こちら。
夏の間だけ古代の円形劇場で開催される野外オペラがあるのです。
e0130754_238331.jpg
劇場のまわりには劇場のセットがたくさん置いてある。なんてオープン。
e0130754_23151247.jpg
ヴェローナのみどころ、もう一箇所。
実はヴェローナはロミオとジュリエットの舞台の町でもあります。
というわけで、ここ、ジュリエットの家。
人々が見上げてるベランダが、有名な「おお、ロミオ…」の舞台。
ここでまたタカハラさんと待ち合わせして合流。
e0130754_23261733.jpg
ジュリエットと記念撮影。
失礼して、胸をさわるのがここでのお決まり☆幸せになれますように。
[PR]

# by harukamera | 2011-11-05 23:36 | 番外編・イタリア